BLOG ブログ

【実際どうなの!?】会社を作れば本当に税金が安くなる?

こんにちは、広島で起業・創業をサポートするBOAです。
会社設立から経理事務まで徹底サポート致します!

 

法人と個人事業に関してあなたが
もっとも聞く話の一つはこれではないでしょうか?

 

 

本日のテーマはコチラ
▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼

会社を作れば本当に税金が安くなる?

 

 

税金…この両者は前回の記事でもご紹介したとおり、
法人税と所得税といったように税金の種類も計算方法も違います。

 


 

個人事業の場合は単純なんです。
売上から経費を引いた額が「事業所得」つまり利益になり、
その事業所得に対して税率が掛けられます。

 

 

法人(会社)の税金も、基本的には個人事業と同じように、
売上から経費を引いた額である「法人所得」に対して税率が掛けられます。

 

ただし、法人の場合は役員への報酬も経費の中に含めることができます。

 

つまり法人(会社)の場合、
社長でも社員でもみんな、
会社から給料を受け取っているというイメージになります。

 

給料は”人件費”ですから経費になりますよね?
ということはこの時点で、個人事業の方より経費が多く計上できるのです。

 

 

対して個人事業主は、

「事業の利益はすべて事業者のもの」

 

という形になり、事業の利益自体に税金が課せられることになります。

 


 

 

一方で会社の場合は、
事業の利益からさらに社長本人の報酬を差し引いた残額に対して税金が課せられるということになりますから、このシステムをうまく使えば、
会社は非常に税金を安くすることができますよね。

 

 

たとえば、売上が3,000万円で、
経費が2,000万円の事業があったとします。
利益は1,000万円のはずですよね。

 

これを個人事業で行ったならば、
利益の1,000万円がそのまま所得となり、
この1,000万円に対して所得税がかかってきます。

 

 

これを法人で行った場合、
利益となるはずの1,000万円を社長の報酬ってことにすれば、
会社の所得は差し引きゼロになり、
会社の税金はナシということになるのです!?

 


 

会社を作った人の税金が一番安くなる方法

 

とはいえ会社の税金を考えた場合、
会社ならどんなときでも税金が安くなるということはありません。

 

会社を作ったとき、一番税金が安くなるのは、

・配属者や親族を社員にして、
・会社の利益を給料として吐き出し、
・自分の収入を分散する、

というやり方をとったときです。

 

 

他にも会社の節税策はいろいろありますが、
一番大きいもののひとつは親族への収入分散でしょうね。

 

 

でもそれをするためには、
まず帳簿をきちんとつけなくてはならないという
めんどくさいハードルがありますw

 

 

これまで青色申告をするのは大変だ!
と言ってきましたが、

 

会社を作るのもそれと同じくらいの大変さがあるのです。

 

 

経理初心者の人が、いきなり会社の経理をするのはまず不可能です。
その場合、税理士に頼まなくてはいけませんね。
税理士に頼めば最低でも年間10万円くらいの支払いが必要になります。

 

 

会社の経理全般を見てもらうとなれば、
30万円くらいの支払いが必要になることもあるでしょう。

 

 

また、法人にする時に登記費用もかかりますし、
会社という形態を維持するだけでもけっこうお金が出ていくものです。

 

 

何より会社というのは、個人事業よりも税率が高いのです。

 

個人事業の所得税は、
所得が195万円までは税率5%、
330万円までは10%ですみますが、

 

会社の場合は、税率15%からスタートします。
たとえ利益が1万円であっても、15%の法人税がかかるのです。

 

しかも会社で法人税と法人住民税を払った上に、
経営者自身は会社から給料をもらうことになるので
個人的に所得税、住民税がかかってきます。

 

 

経営者にとっては、会社で税金をとられた上に、
個人としても税金をとられるということになります。

 

 

個人事業ならば、法人税はかからないので、
基本的に所得税と住民税を考えていれば済みます。

 

 

いかがでしたか?

色々迷ってきたんではないでしょうか(^^)
いいですねー。どんどん迷いましょう!

 

数ある選択肢の中からベストに近いものを選ぶ。
これが「経営者」としての判断ではないでしょうか。

 

 

▽▼▽次回の記事はコチラ▼▽▼

一つの目安?【法人にするならココ!?】

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。
広島で起業・創業をサポートするBOAでした。