BLOG ブログ

【医療費控除】ED治療、禁煙治療もOK!?

こんにちは、広島で起業・創業をサポートするBOAです。
会社設立から経理事務まで徹底サポート致します!

 

本日も参りましょう♪
本日は少しデリケートな話題かもしれしれません。
今回の「控除」はコチラ
▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽

 

 

ED治療、禁煙治療も認められている!

 

最近の新しい医療行為が医療費控除の対象になる!?

 

該当者はチェックを忘れずに!

 


 

「治療をいけている方々に朗報」

 

最近は、EDを病院で治療する方も多いようです。

 

EDとは勃起機能障害のことで、
簡単に言えば、男性がすべきことをできなくなった状態のことです。
男性にとっては恐るべき病気ですよね!!!

 

年配の方のみならず、最近では若い方のEDが増えているそうです。

 

実はこのED、
治療にかかった費用は、
医療費控除に含めることができるのです。

 

ちなみに、このことは税務当局はあまり広報していません。

 

確定申告のマニュアル書などでも、
EDについて記載されているのは見たことがありませんし、
国税庁のホームページにも載っていません。

 

 

EDと言うと、
元来「病気」とはちょっと違うイメージがあるので、
医療費控除に含まれないと思っている方も多いようですが、

 

EDは、医療の立場からは病気として扱われ、
治療の対象となっているものなので、
医療費控除の対象になるのです。

 

これは勝手な解釈ではなく、
東京国税局に確認済みのことです。

 


 

禁煙治療の税見当局に確認済み

 

ED治療と同様に、
昨今では、
病院で禁煙治療を受けている人が増えています。 

 

社会的に禁煙の風潮が高まっていて、

 

・やむを得ず禁煙したい
・でもなかなかできない

 

そんな方々の最後の手段が病院での禁煙治療となっているようです。

 

この「禁煙治療」もけっこうお金がかかるんですよねー。
数万円から数十万円の出費を迫られるケースもあるようです。

 

実は、このこともあまり知られていませんが、
禁煙治療にかかった費用も医療費控除の対象になります。

 

 

これも勝手な解釈ではなく、
東京国税局に確認済みのことです。

病院で禁煙治療をする人は、
忘れずに医療費控除を申告するようにしてください。

 

ちなみにAGAと薄毛の治療について東京国税局に尋ねてみると、
「薄毛治療が医療費控除の対象になるかどうかは検討中」
とのことでした。
これまでの流れからすると、
将来的にはAGA治療も医療費控除の対象になっていいはずです。

 

いかがでしたでしょうか?
少しデリケートな分野のお話でしたね(^^)

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。
広島で起業・創業をサポートするBOAでした。

 

 

 

▽▼▽次回の記事はコチラ▼▽▼

【朗報!】”温泉”で節税できたらどうでしょう♪