BLOG ブログ

【バブル期と今】担保ってどおなの!?

こんにちは、広島で起業・創業をサポートするBOAです。
会社設立から経理事務まで徹底サポート致します!

 

 

本日のテーマはコチラ
▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽

 

 

担保さえあれば融資をしていた時期もあった

 

 

 

バブル期のころ、
銀行は会社か個人かを問わず、

 

不動産などの資産があれば、
それを「担保」に実質、
無制限にお金を融資していましたそうです。

 

 

普通のサラリーマンの人に対しても、
価値のある不動産があれば
何千万、何億と他の銀行と競い合いながら
融資をしてようです。

 

でも冷静に考えてみれば、
普通のサラリーマンが
住宅ローン以外で何千万も何億も借入したとしても、
まず返済できるはずがありませんよね?

 

 

でもバブル期は、
とにかく担保があれば無制限に融資をしていたようです。

 

バブル崩壊後の金融機関は皆さん知っての通り

 

不良債権の山

 

 

そのことに対する反省から、銀行の融資審査は180度変わったわけです。

 


 

 

《担保を取るケース》

 

担保を取らない融資のほうが今は圧倒的に多いです。
銀行が現在、通常の融資業務で担保を取るケースとしては、

 

①融資したお金で不動産を購入する場合

②融資の金額がかなり大きい場合

③より長期間の融資を希望される場合  

 

の3つのケースです。

 

それ以外のケースで担保を取ることもありますが、
まず上記3つのケースに集約されると思います。

 

今、銀行の融資の現場では、
融資先の事業力。

つまり財務力に融資審査上、
もっとも大きなウエイトを置いています。

 

 

担保など関係ありません。
逆に言えば、資産などなくても銀行は融資をします。

 

 

商売をしっかりとやり、
積み上げた数字。

つまり決算書でそのことが実績として裏付けされている場合、
銀行は無担保で相当の金額の、そして長期の融資に応じています。

 

これが現在の融資の姿です。
担保なんていらないんです。

 


 

いかがでしたでしょうか?

 

「融資」と聞けばセットでイメージが浮かぶ「担保」。

 

昔ほど、強力なアイテムにはならないんですねー。

その代わり!
現在努力して積み上げたものがあれば銀行は力になってくれる。

 

これはある意味、起業家としては
いい時代とも言えるかもしれませんね(^^)

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。
広島で起業・創業をサポートするBOAでした。